今日は、一つ変わった同窓会の様子を、やわらかエッセイ「旅日記風」にまとめたので、紹介したいと思います。

私は、40年の会社生活を全て電気関係で送ってきたが、後半の20年は、特に、業界活動に力を入れてきたお陰で、ライバル会社にも気の置けない友人が多い。

平成13年2月に無事会社を卒業し、家で毎日「ひま」している10月の初め、関東の大手電機メーカーM社の友人河島さんから電子メールが入った。
「*同窓会へのお誘い:佐藤さん。4人で同窓会しませんか。他のメンバーは、T社の高林さん、S社の土田さん。レンタカーによる3泊4日の山陰珍道中。予算は割り勘、成り行き次第。(友人名は全て仮名)」

松江で、業界の総会(会議・研修会)があるので、総会終了後、宿だけ予約した上で、出雲・境港・米子を、思いつくまま・気の向くままの気楽な旅をしようというものだった。予算の不透明なのが少し気になったが、1も2も無く快諾。喜んで参加することとした。

第1日目(木) / 業界総会・会議。天気は快晴。
新大阪からひかりレールスター、岡山からスーパーやくも号で松江着。
会議場で業界の仲間と再会、客員として会議に出席。久し振りに議論に加わる。

第2日目(金) / 業界総会・研修会、終了後 出雲・日御岬珍道中。天気は快晴。
朝食後、業界の研修会へバスで移動。見学会終了後、出雲大社で業界の発展を祈願してもらう。できれば、深刻なIT不況を吹き飛ばして貰うように。
移動中のバスガイドさんの話によれば、出雲は八雲立つ神話の国。特に、山側はいくら晴れていても、海側は雲があるとのこと。確かに、日本晴れなのに海側にだけ雲あり。
出雲の夕日は絶品。海に沈む夕日を見た人は幸運とか。

出雲市駅で業界の皆さんと別れる。いよいよ珍道中の始まり。
高林・河島・土田・佐藤の4人がレンタカーを借り、”2泊3日で行く先定めず”の気ままな旅が始まる。運転手土田氏、ナビゲーター高林氏。
途中までは、車の中が少し狭くなるが、飛行機で帰る業界友人を出雲空港まで送ることとした。
車を走らせていると、出雲ワイナリー、ワイン祭り会場を見つけ、立ち寄って、作り立てのワインを試飲後、何故かコロッケの買い食い。

レンタカーを飛ばして、夕暮れの日御岬灯台へ。
灯台の近くで”さざえ”を焼く美味しそうな匂いに惹かれ、食べる。
妙に愛想良く、お喋りな”さざえ婆あ”(70後半〜80歳代)が出てきて、玉造温泉の話で盛り上がる。

土田「お母さん。玉造温泉には、芸子はどの位いるの」
さざえ婆あ「玉造温泉は好い所だよ。あそこは若い娘(こ)がいっぱい居るだよ」
佐藤「この辺では、何歳ぐらいから若い娘(こ)と言うの」
さざえ婆あ「・・・(ぐっと詰まる)」
すかさず高林「私より若いのは、皆若い」
さざえ婆あ「唖然」
一瞬間をおいて、一同爆笑、しばらく笑い収まらず。
さざえ婆あも一緒になって大笑い。

”出雲の海に沈む夕日”を見に日御岬海岸へ。海岸へ日御岬神社。
海に沈む瞬間、雲の合間から鮮やかな夕日が見えた。
一同、旅の幸運を確信。

* 八雲立つ
・・・・・・出雲の国の夕日 ・・・・日御岬海岸にて(飛行機の友人撮影)


・・・・・・




出雲空港経由で、午後8時ごろ玉造国際観光ホテルへ到着。しかし、玉造温泉街からはかなり離れており、夜の温泉街を楽しみたい面々の嘆くことしきり。地図を確かめずに宿を予約したため。
明日に期待して、仕方なく買ってきたワインを飲む。女ッ気は無し。

第3日目(土)/ 美保関・境港珍道中、天気は快晴。
玉造国際観光ホテル。起きると先ず、ゆかた・下駄履きのまま、車で玉造温泉まで大露天風呂(同ホテルの本館)に入りに行く。朝日の中の大露天風呂で泳ぐ。
20m×30m位か。滝もあり水量豊富で非常に風情がある。庭園も良い。一同思わず「本館に泊まりたかった」
遅い朝食を済ませ、ゆったりとした気分で出発。
松江を抜けて日本海の海岸線をたどり美保関へ。美保神社。地蔵岬灯台で”いか”の買い食い。ケーブルカーで「関の五本松」へ登る。松も今は3代目。

土田氏が、携帯電話で盛んにホテルと連絡。皆生温泉でコンパニオンを2名予約。昨日の”さざえ婆あ”の話し振りから若い芸子は居ないと見切ったのか。
昼食は、境港駅ビルで海の幸をふんだんにとって満喫。
境港”水木しげるロード”800mを散策。商店街の道の両側に「ゲゲゲの鬼太郎」他80余体のブロンズ像。子供の視点で作ってあるのが気配り。神戸ベーカリー(主人、特に名前表示:鈴木喜多郎)で”夜の仕掛け”の妖怪パン(「猫娘パン」を「砂かけ婆あパン」)を買う。

「うみとくらしの資料館」で見事な魚の剥製を見る。
土田氏商売忘れず。「境港さかなセンター」で魚介類をいっぱい仕込み、宅配便で送る。(土田氏は、S社のサラリーマンでありながら、且つ何社も経営する大社長。S社のサラリーは、全て税金で消えてしまうとか。)

午後6時頃に皆生温泉ホテル清風荘に到着。
7時、米子出身のコンパニオン2名来る。仲居も入れて7人で乾杯。コンパニオン2人に対して土田氏曰く、「30代前半と20代後半だろう。経験で直ぐわかる」。2人に、ジャンケンで「猫娘パン」を「砂かけ婆あパン」の取り合いをさせる。”猫娘パン”と”金満家の土田社長”の話で大いに盛り上がる。ビール3ダースがあっと言う間に空になる。9時、”猫娘達”がパンを大事そうに抱えて帰る。

9時過ぎ、ホテルの中は満員につき、温泉街へカラオケに行く。3軒並ぶ左2軒は超満員の盛況なのに、何故か1人も入っていない1軒の店を覗き、1人5,000円歌い放題・飲み放題で交渉成立。我々は”招き猫”か、暫くしてこの店が満員になる。土田氏は運転の疲れからか、暫くしてホテルに帰る。高林氏もナビゲーターの疲れからか、3/4は睡眠。めっきり腕(のど?)を上げた河島氏と佐藤の2人で殆どマイクを独占状態。目が覚めた高林氏も数曲。帰り際に、ママの馴染の男性から「貴方達はプロか」とは、何と心地良い響きだったことか。

第4日目(日) / 米子珍道中、岐路へ。天気は快晴。
睡眠も十分取れ、元気回復。ゆっくりと朝食をとり、ホテル清風荘出発。
先ず、昨日見残した「アジア博物館、井上靖記念館」に向う。広大な敷地と、モンゴル・中国・ペルシャの逸品を隠岐島出身ダイニッカ横地社長1人の財力で集めるとは凄い。

米子の鳥取大学近くの公園で子供祭り、又”いか”の買い食い。米子駅近くのホテルで昼食。バンパーを”こつん”したレンタカーを黙って返す。

2泊3日の「”笑いと美味いものと美味しい酒”の山陰散策の旅」で大満足を胸に、米子駅から”スーパーやくも号”、岡山駅から”のぞみ号”と乗り換え、帰途へ。変わった同窓会に誘ってくれて、ほんとに有難う。

(山陰散策の旅。平成13年10月11日〜14日)



・・・・  ・・・・・・・トップページへ       NDEX ページへ