最近ノーベル賞を受賞した田中耕一さんが、授賞式のスピーチで仕事のパートナーとの連携を強調していたのが非常に印象的であった。

仕事上で、色々なパートナーと組むことがあるが、私の場合、会社生活の後半20年間は、幸いにも20代前半の7名の若い女性パートナーと組む機会に恵まれた。彼女達は、結婚、進学・留学、契約切れなどにより、ほぼ1〜4年ぐらいで交代したが、全て優秀な人達であった。

その中でも異彩を放っているのは、何といっても5人目に出会った“まりちゃん(愛称)”ではないかと思う。背が高くすらっとしていて、丸顔の美人であった。少し早とちりぎみのこともあったが、何事にも非常に積極的な女性であった。

今でも彼女の初出勤の日のことは、忘れられない。私の傍に来るなり、新入社員であるにも関わらず自信満々、「佐藤さん。私、何でも出来ますから、手伝いましょうか。」と言い放った。考え事をしていて不意をつかれた私は、圧倒されてしまい、つい「すみません。今日は、結構です。」などと口ごもりながら言ったものだった。

ほぼ3年が過ぎたある日、突然、「仕事は全て覚えたし、私、留学します」という。聞けば、外資系の会社で働いている二人の姉と同じように、アメリカで英語とコンピュータを勉強したいのだという。

アメリカへ旅立つ日、休暇をとって関西空港へ見送りに行くと、其処にはサングラスとジーパン姿で、すっかりリラックスした“まりちゃん”がいた。会社や学生時代の友人、ご両親、婚約者と婚約者のご両親など大勢見送りにきていて、華やかな雰囲気が漂っていた。特に、帰国後結婚する予定とかいう婚約者との、飛行機搭乗ゲートでの派手なキスと抱擁が圧巻であった。

それから、暫くは、会社の友人からの情報でアメリカでの“まりちゃん”の様子を知ることが出来たが、2年後学校を変ったとの噂があって以来、話がばったり途絶えていた。

ところが、最近になって急に、アメリカから“まりちゃん”のE−MAILを頂いてびっくりした。私のメールアドレスを会社の友人から聞いたのだという。

メールによると、何と、「私、結婚してもう二人目の子供ができます」ですと!

どうやら、留学先で、中国系アメリカ人と恋に落ちたらしい。それにしても、彼女の積極的な行動は未だに健在であることが伺える。

“まりちゃん、本当にご結婚おめでとう。しかし、あの関西空港での婚約者との派手なキスと抱擁は何だったの?”などと、よそ事ながら気になる今日この頃である。


“まりちゃん”からのE−MAIL(全てローマ字で書いてありました)

Sato- sama

Ohisasi buridesu.  Daredaka owakaridesuka?
soudesu soudesu. ano Mari desu.

sonosetuha hontouni hontouni osewaninari arigatou gozaimasita.
kansyasitemo sikirenaihodo sato-san niha iroiroto osiete (sugoku konkiyoku...) itadakimasita.
sochiraha ikaga osugosidesuka?
teinen taisyokuo saretasoude  hontouni otukaresamadesita.

watasino ho-ha ima SanFrancisco ni sundemasu.
20kagetu ni naru kodomo mo imasuyo.(sitte masita?)
de mouhitori ima ninsin 4kagetudesu.
kono watasiga hahani narunante souzoutukanaito omoimasuga, mainichi mainichi ganbatte imasu.
watasimo mousugu 29 ni narimasunode, motto sikkari sinaito ikenai to omou mainichidesu.
mata sato-san zehi zehi kikai ga areba kochirae asobinikitekudasai. sono sainiha dannato kodomoto minnade annai sasete itadakimasu.

deha, mata sato-sanno kinkyoumo kikereba saiwaidesu.
karadani dakeha kureguremo (mou wakakuha nainodesukara....) kio tukete kudasaine.
Mari Tang.



・・・・・飛行場での別れのシーンは、
・・・・・・・いつまでも印象に残ります





・・・





         トップページへ         INDEXページへ