風 邪 薬

最近 新聞やテレビなどで、風邪薬に関して新しい報道がなされている。
先日も、NHKテレビ“ためしてガッテン”で言っていた。

曰く、「抗生物質は、風邪(ウイルス)には全く効かない。時には無益有害である」

確か つい最近までは、抗生物質はインフルエンザには効かないが、普通の風邪には効き目があると言われていた筈である。
一冬に3〜4回風邪をひいて、都度 近所の医者に行っては、風邪薬として抗生物質を調合してもらい、“抗生物質こそ風邪の特効薬である”と信じて疑わなかった私としては、全く心外である。

実験によると、“培養した風邪ウイルスに抗生物質を加えても全く変化が無い”。
では、何故 医者は、抗生物質を患者に与えるのか? =“抗生物質は、肺炎を治す”からである。(但し、肺炎球菌を殺すが、事前に飲んでも肺炎の予防薬にはならない)

無益有害とは何ごとか? =“時には、耐性球菌を生み出す”とのことである。

そう言えば、思い当たるふしがある。

30数年前、風邪で初めて抗生物質を調合して貰った時は、非常に良く効いた。こんな良い薬がこの世に在るのかと思った。しかし、その後、だんだん強い薬でないと効き目がなくなってきた。多分、耐性肺炎球菌のなせる仕業であろうと思われる。

勿論、風邪さえひかなければ全く問題は無い。

十数年来、何とか1回は、一冬風邪をひかずに過ごしてみたいものだと努力してみた。
1.夏、身体を鍛える、2.乾布摩擦をする、3.冬、うがい・手洗いを励行する、4.部屋の温度・湿度に気をつける・・・等々。

しかし、どれも無駄な努力だった。未だかつて、風邪をひかなかった年は無かった。

友人の中には、殆ど風邪をひいたことが無い人もいる。 玉子酒を飲んで一晩寝れば治る等と豪語している人もいる。全く羨ましい限りである。

実は、今年も暮から正月にかけて風邪をひいた。 正月の長い休診期間中ではあったが、毎年のことなので、事前に医者から貰っていた“抗生物質を含む風邪薬”を飲みながら1週間寝込んだ。

咳や高熱も2週間くらいで何とか治まったが、風邪が中々完治しないのは例年の通りである。
2月に入っても、喉の痛みや微熱がず〜と残っているので、何か特効薬はないものかと近所の大掛医院(仮名)に往ってみた。

医者は、口の中を見て、薬を調合しようともせずに一言、

「佐藤さん、風邪は治っています。 出来るだけ、夜中でも水分を採るようにして下さい。
・・喉の痛みも微熱も“老化現象”です


”年齢(とし)” と云われれば、残念ながら返す言葉はなかった。



(風邪薬は効用を確かめて飲みましょう)



・          ・・トップページへ       INDEXページへ