3年2組 クラス会

この10月、高校のクラス会に出席するために、久し振りに故郷の鶴岡に帰省した。
故郷の山形県鶴岡市も、先輩・藤沢周平のテレビドラマ「蝉しぐれ」「馬の骨」などのお蔭で、全国的に知られるようになってきた。

私のクラス「3年2組」は、幹事達が熱心なこともあって、卒業以来40数年間、関東地区や鶴岡市周辺などに集まって、毎年の様にクラス会を行ってきた。

当日は、大阪・伊丹空港を9:35に出発、1時間15分のフライトで庄内空港に到着した。天気は、庄内地方にしてはまれにみる快晴であった。
幹事の1人、蓮場君(仮名)が迎えにきてくれた。集合時間までは余裕があったので、鶴岡・致道館など市内を少し見て廻った。

昼食を終え、13:30 母校に集合。OB会館前で写真撮影後、幹事達の車に分乗し、第1日目のスケジュールに従って出発した。
最初に、恩師の三島先生(仮名)の菩提寺に立ち寄り、墓参り。
次に、10月上映予定の映画「蝉しぐれ」のオープンセット”松ヶ岡”を見学した。 日が傾きだした頃にみるオープンセットは、景色も風情があって良いものである。



(映画「蝉しぐれ」のオープンセット)

途中、地元で庭園が有名な玉川寺を見学する。
次に、山伏修行で名高い羽黒山の山頂まで車で上がった。
羽黒山の出羽(いでは)神社、五重塔、鏡池などを見学する。”羽黒山の石段”を少し登ってみる。子供の頃の遠足で、苦労して麓から登った記憶がよみがえった。



(樹齢千年以上の杉の並木が続く”羽黒山の石段”)

信号など殆ど見当たらない庄内平野をドライブし、海岸沿いを海に沈む綺麗な夕日を見ながら走って、定刻の17:00 無事クラス会 会場の湯野浜温泉“いさごや”旅館に到着した。

一風呂浴びた後、旅館直行組も加わって、18:30 いよいよ懇親会の開始。
久し振りに、地元訛りで高校時代の懐かしい昔話に花が咲いた。
今回は、18名(51名中)が参加した。女性も2名(5名中)が参加し、盛大なクラス会となった。卒業以来の再会となるクラスメートも数名おり、懐かしさが倍加した。

クラス会のもう一つの楽しみは、2次会である。 特に、高校時代の友人たちは、仕事も幅広い分野にまたがっており、それだけ話題も豊富である。1次会と違って、狭い幹事部屋で膝をつき合わせ、酒も程良くまわって話が弾んだ。女性2人も話しに加わった。

定年後は妻と過す時間が多くなったとかで、急に奥様の話題になった。

仕事で飛び回って、20年以上も奥様と別居状態だったという元企業戦士の稲富君(仮名)、
「 退職後、妻の実家で暮らしているが、ちっとも話が噛みあわない 」 とぼやくことしきり。

100kgをゆうに超える恰幅の元町会議員 五木昭吉郎君(仮名)、すかさず説得、
「いなとみ〜、おめは 余りにも辛抱強すぎる。 (“20年以上も別居状態を続ける位なら、早く離婚せよ”という意味)」

稲富君も、直ぐに反撃、
「 しょうきちろう〜、俺に3回も結婚招待状よこして。 2回は出席したけど、3回目は、ばかくさくて(呆れて:方言)出席する気にもなれなかった。 その代り、祝いに景徳鎮(中国製高級陶磁器)を贈ったから、売っぱらったりするなよ。 」

間をおかずに、五木君 反論、
「 なに言ってんの〜、3回目に出席して ばかくさいなら、3回共 出席してくれた安福さん(仮名)は、ばか(馬鹿:同音異語のこじつけ)なのか。 」

関西訛りと鶴岡訛りの差はあるが、まるで吉本のマンザイを聞いているようで一同大笑い。 しかも、こちらはノンフィクションである。

離婚のたびに 20 kgも、30kgも痩せたという五木君、
「 結婚は簡単にできるけど、離婚するのは本当に大変なんだよ。 」 などと言うが、結婚が簡単に2度も、3度もできない他の皆は、全く同情する気になれなかった。


翌日、朝食後 9:30 に第2日目のスケジュールに従って出発。 天気は快晴である。

先ず、加茂水族館を見学。 最近は、大小 色々な種類のクラゲを展示しているので人気らしい。動いている透明なクラゲに光を当てると、幻想的で美しい。
土門拳記念館の仏像の写真、次いで酒田市美術館の絵画“京都の四季”を見学した。

昼食後、江戸時代 北前船で賑わったという庄内米の米倉”酒田・山居倉庫”を見学した。 庄内米歴史資料館や山居倉庫裏のケヤキ並木などを散策する。


(酒田・山居倉庫裏のケヤキ並木)

14:30 来年の横浜のクラス会開催を約束して、今年のクラス会を終えた。

かつてのクラス会といえば、「宴会−カラオケ コース」 が定番だったが、今回は、鶴岡在住の幹事たちの綿密な計画のお蔭で、庄内地方の食と名所を存分に堪能することができた。
私も、多くの懐かしい顔ぶれに合うことができて、楽しかった思い出ををみやげに 寝台特急“日本海”で大阪への帰途についた。

2005年10月6・7日)



           トップページへ       INDEXページへ