ラ ジ オ 体 操

思い立って、半年前からラジオ体操を始めた。
会社退職後の運動不足を、少しでも解消するためである。
朝食前にラジオ体操をやると身体が軽くなり、胃の調子も良いように思われる。

会社を退職して、直ぐ始めるつもりだったが、ラジオ体操だけでは運動量が少ないと思い、毎日ウォーキングをするから良いと思って、やっていなかった。
しかし、毎年、春や秋の良い季節はウォーキングも続けているが、暑い夏は夏バテぎみで1〜2ヶ月出来ていないし、寒い冬は風邪をひいてしまって2〜3ヶ月は出来ていない。

記録によると、現在のラジオ体操第1が出来たのは、昭和26年(1951年)であるが、私がラジオ体操を覚えたのは、多分、小・中学校時代に、運動会や海水浴などの行事があった時に、教えてもらった時である。

時が移り、私がラジオ体操と再会したのは、社会人となって、会社の朝礼の前だった。会社時代も、殆どが自動車通勤だった私としては、土日は別として、慢性的な運動不足になっていた。
そこで、会社時代、せめてもの運動として、毎日、朝のラジオ体操を行った。

ラジオ体操は、5分足らずの運動であるが、激しく動かせば、結構な運動量になるし、汗もでる。
風邪などで身体が弱っている時でも、ゆっくりと手足を動かせば、あまり体に負担をかけることなく、簡単なストレッチと血行促進になる。

会社にいる時は、ラジオ体操をすると、その日の体調も分ったものである。

因みに、ラジオ体操第1は、次の簡単な運動である。

・・1.背伸びをする。
・・2.腕を振って脚を曲げ伸ばす。
・・3.腕を回す。
・・4.胸を反らす。
・・5.体を横に曲げる。
・・6.体を前後に曲げる。
・・7.体をねじる
・・8.腕を上下に伸ばす。
・・9.体を斜め下に曲げる。
・・10.体を回す。
・・11.両脚で跳ぶ。
・・12.腕を振って脚を曲げ伸ばす。
・・13.深呼吸をする。

皆さんは、毎日の運動不足をどのように補っているでしょうか。

若し、何もやっておられないのであれば、是非、朝食前のラジオ体操をお奨めします。




( 昭和53年(1978年)のラジオ体操50周年記念切手 )



・・・      ・トップページへ      INDEXページへ