ひ か り 電 話


光電話回線工事を終えたばかりのNTT西日本の勧誘攻勢にのせられて、1月末、我が家も ” ひかり電話 ” に変えた。
インターネットによる情報入手の速度と量が、飛躍的に向上するのを期待したからである。

考えてみれば、2001年(平成13年)3月にパソコン(ウィンドウズMEタイプ)を購入してから、プロバイダー(OCN)は変更していないものの、インターネットの通信方式を次々と変えてきた。

(インターネット)                 ・・・・(電 話)

1.2001年2月以前                                  ・・・・ダイヤル式黒電話

2.2001年3月     ISDN(デジタル方式)       ・・・パソコン(ME)+ファックス付電話

3.2003年5月     ADSL12M(アナログ方式) ・・パソコン(ME)+ファックス付電話

4.2003年8月     ADSL26M(アナログ方式) ・・パソコン(ME)+ファックス付電話

5.2006年1月     光通信(光方式)           ・・・・・パソコン(ME)+ファックス付電話


しかし、今回は、導入を少し急ぎすぎたようである。

光通信に変えた途端、毎日、数回接続をやり直さないとインターネットに繋がらなくなってしまった。

思えば、光電話工事の当日、インターネットの接続は、念のため、“MEなら大丈夫”というNTT西日本の営業 秋川氏(仮名)に頼んだが、その日もなかなか繋がらなかった。
しまいには、次のような言い訳する始末である。

「私は、野球でNTT西日本(当時NTT四国)に入ったものですから」

秋川氏は、NTT西日本の接続設定サービス係に何度も電話連絡しながら、1時間半かかって、やっと接続を終えた。

それから1週間、私のインターネットとの苦闘は続いた。毎朝、先ずNTT西日本の接続設定サービス係と電話しながら、指示に従って、やっとインターネットに接続する日々が続いた。

最後には、NTT西日本の故障診断サービス係が出てきて言った。

「佐藤さんのパソコンは、ウィンドウズMEタイプですから、安定的に接続するのは無理です。 MEは最初から不安定だったし、システムのメモリ(RAM)126MBも小さすぎます。」・・・だと。

それならば、何故先に教えてくれなかったのだと言いたかった。

光方式をADSLに戻せば、接続の状態は元に戻ると思われる。しかし、光方式は時代の流れでもあるし、今更その気は無い。
接続状態の改善が無理なら、早晩ウィンドウズXPタイプに買い換えることとして、当分、毎日数回接続のやり直しを我慢しながら行くこととした。
(2006年3月)


(光通信に変える前に、先ずパソコンのメモリ容量を確認しましょう)



・・      ・トップページへ      INDEXページへ