高校総体・裏方


  6月初め、知り合いの水上さん(仮名)から、電話があった。

  「佐藤さん、インターハイの写真 撮ってくれませんか」

  8月4日から6日間、平成18年度高校総体(06総体THE近畿)の女子ソフトボールが交野市で行われるので、競技写真を撮影して欲しいのだという。 特に用事もないので引き受けることにした。

  大会前の 6月24日 役員業務の説明会、7月17日 役員及び役員補助員(高校生)への大会内容説明会と、事前に説明会が2度実施された。  Tシャツ、帽子、IDカード、競技大会実施の冊子、役員業務用の冊子など役員用グッズも支給された。

      
          (支給された役員用グッズ)


私は、運営役員・写真記録係委員ということで、水上さんも含め5人のチームで写真撮影をすることになった。 私の担当は、開会式及び1回戦だった。

  それにしても、女子ソフトボールだけなのに、裏方(役員及び役員補助員)の人数の多さには驚かされた。  役員:1,000人、役員補助員(高校生):500人 の 計1,500人が裏方という大人数である。

  大会役員(大会委員長以下)−300人、競技関係(審判員、記録員など)−250人、運営関係(受付案内、駐車場、写真撮影など)−400人、式典関係(開会式・閉会式のプラカード、ブラスバンドなど)−550人

  開会式は、暑い日差しを避けて、8月4日の午後4:30から行われた。 男女一緒に行われた。

大阪代表2校を含め都道府県代表 男女各48校選手の入場、大会委員長挨拶、優勝旗返還、選手宣誓など甲子園・高校野球を思わす内容だった。

       
        (開会式での大阪代表校の入場行進)


私はといえば、開会式の1時間半の間 ひたすらシャッターを押し続け、120枚の写真を撮りまくった。


翌日 8月5日、第1試合が 交野市営 2、私部公園 1、交野高校 1 の 4つのグラウンドを使い、各4試合、計 16試合が行われた。

私の運営役員としての担当は、私部公園での4試合の撮影だったが、“広報かたの”に特別に頼まれて、他球場(交野市営)で行われる大阪代表2校の試合も追加で撮ることになった。

朝8時、私部公園担当の役員・役員補助員がグラウンドに整列して、朝礼が行われた。 試合進行上の注意が簡単に伝えられた。


      
        (役員・役員補助員の8時の朝礼)


9時、朝から暑い中、第1試合が開始された。 熱戦で予定時間を超える試合が続き、最終戦の第4試合が終わったのは、午後5時30分だった。

その間、交野市営グラウンドで行われた大阪代表の2試合を含め、6試合の模様や観客席、来賓者の横顔などを150枚の写真に収めた。残念ながら、大阪代表2校(大阪信愛女学院、羽衣学園)は、1回戦で姿を消してしまった。

      
        (1回戦の熱戦の模様)


当日は、朝から日差しがきつく、36℃を超える暑さの中での10時間に及ぶ撮影は、水を十分とったとはいえ熱射病になりそうな厳しさだった。 顔や手の日焼けも、かなりきつかった。

 午後6時、役員・役員補助員全員でグラウンド・観客席などの清掃・整備を行った後、グラウンドで終礼を行い、ようやく一日の役目を終えてほっとした。

真夏の猛暑の中、ボランティアで働く役員・役員補助員の大変さが分かったと共に、体力的に連日の参加が厳しいため、その分 動員される人数が多いのも納得できた。
        (H18.8.4/5)



             トップページへ     INDEXページへ