元 禄 絵 図


住んでいる地域の元禄時代の絵図が、市指定文化財に認定され、9月1日から歴史民族資料展示室で一般公開されたため、早速 見に行ってきた。



(星田村絵図の市文化財指定の”広報かたの”記事)

今回、認定されたのは次の4点である。

1.「元禄十年星田村絵図」(元禄10 1697年)

2.「天保十四年星田村絵図」(天保14 1843年)

3.「星田村大絵図」(江戸時代末期)

4.「星田村地詰帳」(延宝5 1677年)


当日は、たまたま 市の学芸員が歴史民族資料展示室ボランティア解説員を集めて、市指定文化財の認定経過を説明している所であり、一緒に聞かせてもらった。


(「星田村大絵図」を説明中の学芸員)


星田村は、徳川家康とも所縁があり、歴史のある村である。

星田村絵図は、支配地域(近江・市橋家領、石清水八幡宮領、小田原・大久保家領)や石高(1500石)の確定などの用途に使われたようである。

中でも、「元禄十年星田村絵図」は、市内に現存する最も古い絵図とのことである。

村絵図は、衛星写真の無い時代で、位置と縮尺の正確さには欠けるものの、分かり易さという点では、現在の地図より優れているのではないかとさえ思われた。

 
(「元禄十年星田村絵図」の星田村)           (現在の地図の交野市星田地区)

   (注 : 元禄の絵図と現在の地図は、上下(南北)が逆になっている)


古人の知恵は流石である。 居住地域の歴史を知る上で、本当に、参考になった。

因みに、40年前に開発された私の居住地(妙見坂)は、星田村絵図では、人の住んでいない荒れた丘陵地帯になっている。 (絵図上で、ひがし川(現在の妙見川)の左側の丘陵地帯)
        (H18.9.6)



             トップページへ     INDEXページへ