読めない文字


会社時代は、仕事上、毎月東京で開催される工業会の会議に出席してきた。

退職した現在、会議に出席することはないが、電子メールを使ってガイドブック作りや規格書作成のお手伝いをしている。

今回、ガイドブックや規格書について、大阪地区で1泊2日の集中審議を行うということになり、久し振りに会議に参加した。

今年度の各社メンバーは、知っている懐かしい顔もあったが、半数は30〜40歳代の新しいメンバーに代わっていた。

会議が始まり、配布された審議資料(対比表)を見て驚いた。 文字が小さ過ぎて読めないのである。

3つの規格の対比をA4紙1頁内で行いたいとかで、最小字体(4ポイント:1.4mm)で作ってあったからである。 

新聞の文字の約1/3である。(新聞の文字 横10.8ポイント:3.8mm、縦8.6ポイント:3.0mm)


         

           (読めなかった審議資料(上)と朝日新聞記事(下)の比較)


思わず言った。

「これでは文字が小さ過ぎて、読めないんじゃないの

しかし、残念なことに、私以外のメンバーは、全く支障が無いようであった。


結局、資料は少しだけ大きな文字(6ポイント:約2.1mm)を使うことになったが、私自身の若い日(30歳代)に、当時は全く理解できなかった小さな文字に関するエピソードを思いだした。

新製品用チェックリスト案を作り、確か定年が近かった製品審査室長に見てもらいに行った時のこと
    「佐藤君、内容は良いんだけど、小さい字が読めないんだよ



 集中審議の席上で、自分ではまだまだ若いつもりでいたが、急に一人だけ老けてしまったように思えてきた。

  (H19.5.22〜23)



       トップページへ    INDEXページへ