夏 祭 り



今年も、猛暑が続く8月 わが街の夏祭りが開催された。

2日間にわたって、炎天下の昼12時から夜9時まで色々なイベントが繰り広げられた。

町興しのために行政の主導で始まった夏祭りも、今年で24回目を迎え、名前も“交野まつり”から“交野市民まつり”に変えて、市主催から市民主催(交野市民まつり実行委員会)に移行した。


一般的に、夏祭りの内容は、沿道や祭り会場で行われる「おみこし、盆踊り、花火、屋台、特設舞台でのイベント」などである。

わが街の夏祭りも、沿道でのパレードと花火は無いものの、夏祭りグッズをほぼ取り揃えている。


第1日目

12:00〜  特設舞台でのイベント

17:00〜  地区対抗 手作りこどもみこし

19:00〜  盆踊り

21:00    終了


   
       (地区対抗 手作りこどもみこし)                 (盆踊り)


第2日目

12:00〜  特設舞台でのイベント

18:00〜  よさこい鳴子踊り

19:00〜  招待バンドの演奏

20:00    終了


   
           (よさこい鳴子踊り)                  (招待バンドの演奏)


市民まつり元年となる今年は、市民のフラダンス(市民ステージ)や親子の水鉄砲合戦(チャレンジゲーム)など市民参加のイベントが増やされた。


   
          (市民のフラダンス)                  (親子の水鉄砲合戦)


今年の夏祭りも、盛り沢山のイベントが用意され、無事終了した。


しかし、イベントが総花的であり 数が多かった割には、私には 「2日間暑かった〜」 という以外 強く印象に残るものが無かった。

それは”地区対抗の手作りこどもみこし”以外は、わが街だけの特色が出ていないことによると感じた。

関西には、京都・祇園まつりや大阪・天神まつりなど全国に知られた特色ある夏祭りが多い。

 それには及ばなくても、わが街の夏祭りにも 「故郷を印象づけるイベント」 がもう一つ欲しいものである。


私はと云えば、2日間の取材を終えて、今年も又、夏バテ気味である。

    (H19.8.4〜5)



           トップページへ     INDEXページへ