笑いの間(ま)


 1月末、会社OB会の見学会で、昨年11月末にオープンしたばかりの大阪・京橋花月を行ってきた。

今回は平日の昼席のためか、入場者は殆どが60歳以上の年配者であり、500席の会場は約6割がた埋まっていた。


             
                (京橋花月)                      (パンフレット)



最初の出し物は、若手漫才師の掛け合い漫才である。

「千鳥」−「ジャンクション」−「アジアン(女性)」−「$10」と続いた。
  いずれも初めて見る漫才師である。


          
                   (ジャンクション)



 次は、すっちー(座長)、ランディーズ等による吉本新喜劇である。

  テーマは“花月タクシー”の運転手達の日常の会話を題材にしたものだった。

  いつもテレビで観ている吉本新喜劇であり、軽妙な話しぶりで観客を飽きさせなかった。


          
                    (吉本新喜劇)


 次に、若手の一人喋くりがあり、中堅とベテランの漫才が続いた。

  「中田なおき」−「シンクタンク」−「おかけんた・ゆうた」 である。


          
                 (おかゆうた・けんた)


トリは、笑福亭仁鶴の落語小咄だった。

 出し物も ”十二支の由来、隣の金鎚借用” など皆が知っている小咄であり、仁鶴 独特の話しぶりで聴かせてくれた。


          
                    (笑福亭仁鶴)


 今回の京橋花月では、休憩を挟んで2時間半、久し振りに漫才と落語を 楽しませてもらった。


 只、気になったのは若手漫才師達の喋りである。

 甲高い声で、しかも早口で ”ギャグ や 笑わせる言葉” を次々と喋り捲った。

 しかし、若手の喋りの間は、観客から笑い声一つしなかった。 年配者には早口で聞き取りにくい上に、笑いたくても笑う間(ま)がないのである。

 若手漫才師達は、笑わないのは観客が高齢のせいであると思っている節がある。

 「中田なおき」が、一人喋くりの中で ”今日の客は全員85歳以上なので可笑しくても笑う力も無いのか” などと揶揄していた。


その点、おかけんた・ゆうたの漫才、笑福亭仁鶴の落語小咄は、観客から笑いが絶えなかった。

何度も聞いている話であるが、可笑しいのである。 笑いの間を知っていて、観客が笑うのを待ってから、話を進めているように思えた。



漫才にしても、落語にしても、笑いは、間(ま)が大切であると思った。

   (H21130



             トップページへ      INDEXページへ