花 見 客 臨 時 駐 車 場
 

  “桜の花見客臨時駐車場の開設と駐車場管理のご協力のお願い”

今年も、3月に入ると直ぐに、自治会から花見客臨時駐車場の管理人(車の誘導、駐車料金の回収など)をするよう協力依頼が来た。


私が住む地区は、大阪でも桜の名所として知られる “星田妙見宮” に隣接している。

かつては、花見の時期になると地域の住宅地前の道路は迷惑駐車の列で溢れかえった。



       
           (道路両側に停められた、かつての迷惑駐車の様子)



 駐車台数のあまりの多さに耐えかねて、自治会では、迷惑駐車防止対策として7年前(平成15年)から住宅地内の中央公園等を使って花見時期限定の駐車場を開設することにした。


花見客臨時駐車場は、桜の開花状況を見ながら、毎年3月下旬から4月初旬にかけて、土日を3回入れて2週間程度開設される。

 花見客臨時駐車場開設は自治会の重要行事でもあり、私も毎年協力している。
しかし、桜の開花時期は年度替りの時期と重なり、小中学校の卒業式・入学式の取材等もあって多忙なため、花見客が最も多く、駐車する車の台数も最も多い桜満開の日曜日1日だけ参加することにしている。


 今年は、4月4日(日)に駐車場管理人として参加した。


 開花は例年になく早かったが、3月末の寒波や雨天続きで3分咲きのままだった星田妙見宮の桜も、3日、4日の暖かさで一挙に満開となった。

 4月4日(日)当日は、車で星田妙見宮の花見に訪れる客も多く、私も車の誘導や駐車料金の回収などで走り回った。


     
        (住宅地入口での車の誘導)                (住宅地内での車の誘導)


     
          (駐車料金の回収)                    (駐車場での車の誘導)


 中央公園等の花見客臨時駐車場も、一時は駐車待ちの車が3台も連なるなど一日中満車の盛況ぶりだった。
100台近い車をさばいて、夕方5時、迷惑駐車する車も無く、花見客臨時駐車場の管理人の業務も無事終了した。



 車で訪れた花見客に、 「星田妙見宮の桜は如何でしたか」 と聞いてみると

  「今年は、全ての木に満開の花が沢山咲いていて、最高だった

とのことだった。  (H22.4.4)


       
                  (今年の星田妙見宮の桜 (4/4))



          トップページへ     INDEXページへ