真夏の越後・上州の旅

− 気ままな旅2012

 「お待たせしました。 気ままな旅2012の宿泊とルートが決まりました。」

 7月初め、幹事の高林氏からメールが入った。


 
毎年電機各社の友人達と行く気ままな旅は、今年は高林氏が所属する日本笑い学会総会が7月下旬に新潟で開催されるため、それに続いて越後、上州を車で旅することになった。

 昨年は都合のつかない人が多く、中止したため、2年振りの旅である。 


 今回は、高林氏、柏崎氏と私・佐藤の3名で旅することとなった。


 河島氏はご家族が急に入院することとなったため、土田氏は業務多忙のため、欠席となった。(以上 名前は全て仮名)

 
因みに、土田氏は大手電機メーカーを定年退職後、引き継いだ家業の御服店の他に、飲食業・老人ホーム・人材派遣業を加え、今年からは新聞販売業も始めたやり手の実業家である。

  

第1日 新潟  快晴 : 新潟の夜を楽しむ

新潟駅前のホテル(ホテルサンルート新潟)に集合。


 夕方6:00、「日本笑い学会」総会を終えたばかりの高林氏が、総会スタッフの男女数名を引き連れて新潟駅に現れた。


柏崎氏と私も加わり、そのまま駅前の人気居酒屋「いかの墨」へ。

新潟の銘酒と新鮮な魚介類で、「日本笑い学会」総会の打上げ兼夕食となった。

“笑い”の話題で盛り上がり、「日本笑い学会」のスタッフのテンションは酒が入る前から上がりっぱなしだった。

 

10:00、食事を終えて「日本笑い学会」のスタッフと別れ、3人で酔い覚ましに夜の新潟市内散策に出た。

新潟市出身の漫画家水島新司氏のキャラクター“ドカベン”などのモニュメントが置いてある「古町マンガストリート」や、古町の市内繁華街を一望できる「NEXT21」展望ラウンジなどを見て回る。

                
                   ( ドカベンのモニュメント )

 

酔いもさめてホテルに帰る途中、客引き行為禁止地域の駅前で、若い客引きのお兄ちゃんが寄って来た。

   「90分飲み放題、一人3,000円!」

高林氏が 「カラオケいけるの!」 と聞くと、「無料で歌い放題」 とのことだった。

 

ついて行くと、路地を入った“バーラウンジ”に案内された。 20人程の客は、すべて二十歳前後で、カラオケはやらずに専らコンパニオン達と話し込んで居た。

若者達の雰囲気に圧倒されて、水割りを注文した後、“カラオケ”を遠慮がちに歌った。

 

第2日 新潟、越後湯沢温泉 快晴 : 新潟市内の名所を見て回る

 9:30 ホテルでの朝食後、駅前でレンタカーを借りる。今日のドライバーは高林氏。

 

新潟駅前観光案内センターで聞いて、先ずは朱鷺メッセ、旧新潟税関庁舎、道の駅新潟ふるさと村など新潟市内を見て回る。

 朱鷺メッセの31階 地上125mの“Befcoばかうけ展望室”からは新潟市街地をはじめ、新潟港、信濃川、日本海、佐渡島など360°パノラマの景色が一望できた。

ついでに、愛想の良い“ばかうけ(せんべい)”売り場のおばさん (ばかうけオバン) に乗せられ、“ばかうけ”を買って食べる。

             
                 ( 朱鷺メッセのばかうけコーナー )

 

 「昼は越後の蕎麦を食べたい!」

有名蕎麦屋をカーナビに入力し、何度も国道8号線を行き来したが、目的の店には行き着かなかった。 探すのを諦め、国道8号線沿いで見つけた地元の人達で繁盛する蕎麦屋で昼食をとる。 これからはカーナビを信用しないことにした。 


 蕎麦屋探しで思わぬ時間をとったため、国道8号線を諦め長岡から関越自動車道を通って、早めに今夜の宿 越後湯沢温泉“水が織りなす越後の宿 双葉”に入る。


 一風呂浴びた後、一緒に活動した電機業界の話などを肴に越後湯沢の料理と酒でくつろぐ。


 仲居さんが呼びに来た。

  「午後8時からロビーでカラオケ大会があります!」

夕食を切り上げ、カラオケ大会に参加することにした。

カラオケ大会では、高林氏、柏崎氏、私がそれぞれジャンルの違うシャンソン、ポピュラー、演歌を披露した。

             
                 (ホテルロビーでの カラオケ大会 )


 カラオケ大会は1時間ほどで終わり、その後3人でホテルのカラオケルームに繰り出して、12時近くまで思う存分歌いまくった。

  

第3日 越後湯沢 曇り、 赤城山 小雨、 高崎 曇り : 赤城高原を散策する

  朝食後、9:30ホテルを後にする。

今日のドライバーは柏崎氏。 高林氏はナビゲーター。


 関越自動車道を通って赤城山へ。

 赤城山総合観光案内所(白樺の森文学コーナー)、赤城神社、大沼などを見て回る。

 白樺の森文学コーナーには、高村光太郎、与謝野晶子など赤城山を愛した文人たちの写真と書が展示されていた。

             
                   ( 白樺の森文学コーナー )


  赤城山を後にして、高崎へ。

前日の蕎麦屋探しに懲りた高林氏は、越後湯沢から高崎までの道は良く知っているとかで、カーナビ案内ONのまま、カーナビに逆らいながら高崎まで地道を行くことにした。

 

地道を通って、伊香保温泉の水沢観音へ。

水沢観音へお参りの後、名物の“水沢うどん”で昼食をとる。


高崎への道すがら、伊香保おもちゃと人形 自動車博物館へ寄る。

昭和初期からの昔懐かしいおもちゃと人形、日本の古い自動車などが展示されていた。

 一時、レトロな気分に浸ることができた。 

             
               ( 伊香保おもちゃと人形 自動車博物館 )


 伊香保おもちゃと人形 自動車博物館を後に、一路 終着点の高崎駅へ。

高崎駅前でレンタカーを返却した。

 “カーナビ逆らい運転”の柏崎さんは、カーナビと高林ナビの両方に気を遣いながらの運転で、ドット疲れが出た様子だった。


 その後、駅構内のレストランで 無事に終えた今回の“気ままな旅”を祝して乾杯。 次の“気ままな旅”を約束して分かれた。

H2472224




             トップページへ      INDEXページへ