男 の 食 材

会社を卒業してから、朝はパン食に変えたが、他の家族が米飯食のため朝の食材は自分で買うようになった。

数年前からは、家族の食材調達も私の役目になってしまった。

 

当初、家族の食材をスーパーで買っていると、近所の奥さんに言われた。 

  「佐藤さん、奥様 風邪でも引かれたのですか」

 

しかし、ここ1〜2年、スーパーで食材を買う男性一人客が増えてきて、男性一人で買っていても全く違和感が無くなってきた。 


         
                  (食材を買うスーパー:A・COOP)


同じスーパーで、知り合いの男性に会う機会も増えてきたし、因みに市長さんにも何度かお会いした。

 

見ていると、男性客は予め買うものを決めていて、手早く買い物を済ませ、女性客の様に品物の選択に時間をかけることはしていない様に思われる。

 

私の場合も、買うものは1パターンであり、10分もあれば全ての食材を買い終える。 

幸いにして、最近では、値段の上がり下がりはあるが、四季を通じて同じ食材が店先に並んでおり、買う品物に迷うことは無い。

 

 私が買う食材は、四季を問わずいつも同じで変わり映えしない。

(朝食用食材)

 パン、チーズ、ハム、牛乳、豆乳、ヨーグルト、野菜ジュース、果物(リンゴ、バナナ、トマトなど)、野菜サラダ(キャベツ、人参、ピーマンなど)

 

         
                         (朝食メニュー)


(昼食用食材

 乾麺、ネギ、缶詰(魚)、だしつゆの素

 

(夕食用食材)

 米、肉(牛、豚、鶏)、魚(鮭、ブリ、サンマなど)、鶏卵、野菜(キャベツ、人参、ジャガイモ、玉ねぎ、大根、小松菜など)、豆腐、納豆、調味料(塩、砂糖、味噌、醤油、酒、酢、トマトケチャップなど)


 因みに、私の場合、朝食の準備は自分でするが、夕食の準備などの “男の料理” は出来ていない。

   (H251031



              トップページへ         INDEXページへ