高校卒業60年

 9月中旬、高校卒業60年(山形県鶴岡南高校)の同期会とクラス会が鶴岡(東京第一ホテル鶴岡)で開催されたので、東海道新幹線と上越新幹線を乗り継ぎ、故郷に帰ってきた。

 幹事からの連絡では、“高校同期会は体力的にも今回が最後になるだろう” との事だったので、頑張って5時起きして、大阪から参加した。

 

1.高校卒業60年の集い (R01.9.19.16時〜)

 ・ 普通科5クラス・商業科1クラス 計300名中60名が参加した。 恩師も2名参加された。

 ・ 各クラス幹事から現況報告の後、103歳の恩師の明瞭な挨拶があり驚かされた。

 ・ 約1時間半歓談後、校歌を斉唱して閉会した。

 
           
                       ( 同期会 会場 )


2.2組クラス会 (同期会 二次会/14名参加 (R01.9.19.19時〜)

 ・ 参加者の近況報告も含め、2時間歓談した。

 ・ 幹事から懐かしいお国言葉(庄内弁)の紹介があった。

    わだば ただばし いしぇこぐはげ でってまんず はかはかで

    ( 貴方は 只々 やんちゃするので 本当に ひやひやします 佐藤訳 )

 

3.2組クラス会 (見学会/7名参加 (R01.9.20.9時〜)

 ・ 9時半、幹事の自家用車とタクシーに分乗してホテルを出発した。

 ・ 松が岡開墾記念館


            

 明治の戊辰戦争後、賊軍となった庄内藩士が原野を開墾し、桑を植え、絹製品を開発した様子が展示されていた。

  ( 半月前(9/4)、NHKの歴史秘話ヒストリアで報道された酒井玄蕃の記載もあった )


            


 ・ 精進料理

   羽黒山手向(とうげ)の宿坊で、精進料理の昼食を取った。


 ・ 羽黒山黄金堂(こがねどう)


            

 副住職より、神亀5年(728年)以降の黄金堂の歴史と、明治初年の羽黒山廃仏命令を逃れて黄金堂に持ち込まれた仏像・仏具・仏典などの説明があった。

 

 

 クラス会(見学会)を終えて16時に鶴岡駅に到着し、大阪への帰途に就いた。


            
                          ( 鶴 岡 駅 )


 今回の同期会とクラス会は、かなりハードな日程ではあったが、懐かしい高校時代の同級生達と旧交を温めた貴重な2日間となった。

          (R01.9.19〜20)




       トップページへ