カラオケ同好会

声帯の衰えと学習能力の劣化” の防止を兼ねて、カラオケ同好会で毎月2回 カラオケ(演歌)を歌っている。

会社定年後、誘われて会社OB会の2つのカラオケ同好会(交野地区、旧事業所)に入会した。

 

特に交野地区の同好会には熱心なリーダーがいて、カラオケ教室並みの指導が行われた。

1. NHK−FMの ”今月の新曲” から、課題曲2曲を選定

2. 課題曲のカセットテープと楽譜を全員に配布

3. 次回のカラオケ同好会で会員が課題曲を披露

4. リーダーがコメント

宴会など趣味のカラオケの延長だと軽く考えていた私は、厳しい指摘を受けた。

1. 下腹に力を入れて歌う

2. メロデーは正しく

3. ビブラートを入れる

 

同好会入会後10数年が経ち、リーダーも変って毎月の推薦新曲(男性2、女性2)がEメールで伝えられる様になり、テープや楽譜の配布も無くなったため、推薦曲は インターネットの “YouTube” で練習することにした。


             
                         ( 令和2年度推薦曲 )


             
                         ( YouTubeの画面 )


 

残念ながら、今年3月・4月のカラオケ同好会は新型コロナウイルスの影響で2つ共休止となったが、今迄続けてきた毎月のカラオケのお蔭で “声帯と学習能力の維持”が何とか出来ていると思われる。

1. 歌える音域が広がった ( 殆どの男性曲は、歌手と同じ音程で歌うことができる )

2. 学習能力が維持されている ( 新曲(男性2、女性2) は、ほぼ1ヶ月で覚えることができる )

  
        ( R02、4、30 )

 

             トップページへ